法律相談前にしておくべきことは

法律相談前にしておくべきことは
PAGE LIST
法律相談前にしておくべきことは

司法書士に法律相談をすることは

司法書士というは、基本的に登記、供託の専門家になります。ですから、法律相談、というのは実は業務範囲外なのです。しかし、例外があります。司法書士のうち、法務大臣の認定を受けることができた場合にのみ、例外的に簡易裁判所の訴訟代理権が与えられます。この認定を受けた司法書士に限り、法律行為の代理人になったり、法律相談を受けたりすることができるようになります。これは、弁護士法72条の例外にあたります。しかし、司法書士が扱える事案の金額には制限があるのです。訴訟の目的の価額や、紛争の目的の価額が、140万円以下である必要があるのです。これは、司法書士の訴訟代理権が簡易裁判所管轄の事案に限定されるため、簡易裁判所が扱うことのできる事案、これは訴訟物の価額が140万円以下の事案に、司法書士の仕事の範囲も限定されているのです。

しかし、弁護士には、こういった金額における制限は一切ないです。よって、司法書士は、金額140万円を超える事案について、代理人となることはできませんし、法律相談を受けることができないことになっています。しかし、逆を言えば、許可を受けているところで140万円以下であれば、相談できる、ということでもあります。

法律や法律相談関連のハナシは、このホムペを一度覗いて下さい