法律相談前にしておくべきことは

法律相談前にしておくべきことは
PAGE LIST
法律相談前にしておくべきことは

法律相談は最初から弁護士に

法律相談をする、となりますと普通は弁護士です。しかし、司法書士でも出来ないことはないのです。許可さえ得ていれば、司法書士は、金額140万円を以下の事案では、法律相談、代理人となることができます。逆を言えば、140万円を超える事案では代理人にはなれない、ということになります。これに反すれば、弁護士法72条に違反する行為をしたものとして、罪に問われることがありますから、司法書士もそんなことはしないのです。例えば、相談の途中で140万円を超える事案であることが判明した場合は、その司法書士は、すぐに法律相談を中止することになります。したがって、140万円を超える事案かどうか分からない場合には、最初から弁護士に依頼されることが効率的であるといえます。弁護士は取扱うことのできる事案について、金額による制限がないのです。

基本的にはどうすればよいかわからないときには弁護士が一番です。日本では弁護士が法曹資格の最高位であり、どんな法律業務でもできるようになっています。ちなみにあまり知られていないのですが、会計士とか税理士の代わりにも弁護士はなることができます。もろちん、出来る能力があるかどうかは別問題です。

法律や法律相談関連のハナシは、このホムペを一度覗いて下さい